実況のないゲームプレイ動画をまとめるブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3DO Dの食卓 ジャケット
ゲームタイトル:  Dの食卓 #wikipedia
ゲームジャンル:  ホラー #wikipedia
プレイスタイル:  ノーマルプレイ
総動画再生時間:  74分35秒
ハード:  3DO #wikipedia
動画サイト:  ニコニコ動画
備考:  なし
「Dの食卓」は、1995年に発売された、謎解きホラーアドベンチャーゲームです。

大量殺人、立てこもり事件を発端に顕現した深層心理の世界を舞台に、人間と家族の歪みを描いた作品であり、サイコホラー映画を彷彿とするシナリオ、映像表現が特徴的です。

想像力を刺激するタイトル、先進的なシステム、衝撃的なシナリオから、話題となり、世界で100万本を売り上げました。

しかし、名作か、駄作か、面白いか、面白くないか、その評価は分かれるところであり、そして、そもそも、この作品がゲームであるか、物議を醸しました。

何れにしても、"飯野賢治"の名を世に知らしめた作品であることは間違いないでしょう。

「Dの食卓」、「エネミー・ゼロ」、「Dの食卓2」、これら"ローラ・ハリス"を主人公とする"ローラ3部作"の第1作ですが、作品同士に繋がりはなく、"ローラ・ハリス"も同姓同名の別人です。

攻略は難解であり、真実を知るためには、過去を暗示する鍵となる"玉虫"を数回、出現させなければならず、加えてセーブ(一時セーブのみ)ができないため、繰り返してのプレイを求められます。

しかし、静止画と動画のみで構成された、観ることに特化したデザインの作品であるため、移動できるポイント、視線の方向には、制限があり、自由度は高いとは言えず、周回にはストレスを感じます。

そのため、どれだけの人間が、この作品を遊びつくすことができたかは疑問です。1回クリアして、或いは、1回もクリアせずに放り投げたプレイヤーは、少なくはなかったでしょう。

しかし、それでも、認めざるを得ないところがある作品であることは事実です。

「シェンムー」、「バイオハザード4」などの作品で知られ、現在では広く認知されるイベント中に咄嗟のボタン入力を求める"QTE(Quick Time Event)"が1995年の作品でありながら、導入されていることからも、如何に新奇性のある作品であったか、その片鱗を窺えます。



http://www.nicovideo.jp/watch/sm972307

(新しいウィンドウを開いて再生)


http://www.nicovideo.jp/watch/sm972723

(新しいウィンドウを開いて再生)


http://www.nicovideo.jp/watch/sm975713

(新しいウィンドウを開いて再生)


http://www.nicovideo.jp/watch/sm1042779

(新しいウィンドウを開いて再生)


2007年09月02日 19:03 投稿

Dの食卓 Part 1 of 4

再生:24,392 コメ:4,017 マイ:181

2007年09月03日 02:35 投稿

Dの食卓 Part 2 of 4

再生:9,582 コメ:1,980 マイ:17

2007年09月03日 03:45 投稿

Dの食卓 Part 3 of 4

再生:9,835 コメ:1,937 マイ:15

2007年09月12日 08:16 投稿

Dの食卓 Part 4 of 4

再生:9,312 コメ:890 マイ:11

この記事へのコメント
この記事にコメントする
     
この記事のトラックバックURL
http://tas105.blog95.fc2.com/tb.php/118-524cd098
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。